発音の重要性

残念なことに、英会話フレーズをたくさん覚え、リスニングが多少できるようになったとしても、ネイティブスピーカーと英会話ができるとは限らないそうです。その理由の一つに、ネイティブスピーカーが何を言っているのか理解できない、つまりリスニング力が不足していることがあげられます。そしてもう一つ、あいてがこちらの話している内容を理解できないということもあります。スピーキング力が足りないということですね。


スピーキング力のあるなしに大きく関わってくるのが発音です。日本人にとって英語の発音は難しいかもしれませんが、頑張りましょう。発音が悪いと、思わぬ誤解を招くこともあります。


たとえば、「She(彼女)」という単語と「See”(見る)」という単語は、同じ「シー」という発音だと思いますよね。しかし、この二つの発音は異なります。「She」の方は、“静かに”というときに使う「シー」に似た発音です。一方、「See」は、唇を水平方向に両端に引っ張るようにして発音します。


日本人もネイティブスピーカーも、唇や舌などの口周辺の器官の構造に大きな違いはありません。ではなぜ、日本人がうまく発音できないかというと、器官の動かし方がわからないからです。ネイティブスピーカーであれば、無意識のうちに発音の仕方を覚えていきますが、非ネイティブスピーカーの場合はそういうわけにはいきません。正しい発音ができるように、トレーニングを積んでいく必要があるでしょう。