しつこい酔っぱらいに使う英会話

酔っぱらいなんかで、どうしてもくっついて来る、もういやだ、あっちに行ってほしいと思うような人だっ たら、最初はていねいにいったほうがいい。
Please leave me alone.(どうかひとりにしてくれませんか)
You’re being a nuisance.(うるさいんです)
You’re making a disturbance.(邪魔になるんです)
それでもまだしつこくて、「ごちそうしてやる」とか「まあいいから、 一杯飲め」とかいう人もいる。
Let me buy you a drink.(一ばいおどらせてくれないか)
とかいって近寄ってくる。飲みたければ飲めばいいんだけれども、いやだったら逃げるとか、
No, thank you.(いいえ、けっとうです)

といえばいい。でも、こんなことをいうと、オレの酒は飲めないというのか」とか、いうわけ。
だから、そのとき、一杯飲めば気がすむと思ったら、

All right, thank you.(ああいいよ、ありがとう)
といって飲めばいい。一杯飲んでも、まだつづくようだったら、席をかえるとか、出て行ってしまうとかするといい。
ことわりかたは、まだある。
No, thank you, I’ve already had plenty.(いいえ、けっこうです。もう十分に飲みましたから)
No, thank you, I’ve already had a drink.(いいえ、けっこうです。もう欽みましたから)

だいたい、酔っぱらいの場合は何をいい出すかわからない。何かとてもイヤなととをいう人もいるけれど、
どうせ酔っぱらいのいうことなんだから、いちいち気にすることはない。英会話の勉強のためだからといって、いちいちそれに乗って返事を返してやるのもバカバカしいからね。