ペラペラ葵震の二つの条件

けっきょく、カタコ卜英語かペラペラ英語かという乙との第一条件は、
いる。この発音にかかって

そして、そのつぎにたいせつなのが、ふんいきをつかむということ。このあいだ、新製品開発で世界的にも有名な日本のある会社の募集広告で「英語でタンカの切れる人」というのがあって話題になったけれども、乙れは要するにかなりの英語力をもっている人がほしいということでしょう。タンカばかりで、あとはまともに話せないんじゃ、ヤクザと同じでっかいものにならないと思うけれども、英語でタンカを切るというのは、とくに英語という乙とを意識しないで反射的にしゃべれるということでしょう。

日本の学校では、英語の時聞に「ヤイ!」とか「コラッ!」とか、そういうコトパはおしえない。一般的に、こういう感情の入ったコトパはおしえてくれない。タンカを切るというのは、理屈にあわない、一定の型にはまらない乙とをいうわけだから、おしえるのはひじように、むずかしい。けれども、その努力もあまりされていないみたい。こういうことをおしえれば、授業も少しはおもしろくなると思うんだけれども、PTAとかいろいろうるさいのがあって、「そんな乱暴なコトパをおしえるなんてケシカラン!」なんてζとになるのをおそれているのかしら。