英語を使える英語にするトレーニング

英会話で大事なことは「分かる英語を使える英語にするトレーニングをすること」です。

「分かる」と「出来る」は大違いです。「使える」英語は、「勉強」だけでは身につきません。勉強で蓄えた知識(知的記憶)をトレーニングによって使えるスキル(運動記憶)に変える必要があります。「分かる」ようになるためには「勉強」すれば良いのですが、「使える」ようになるためには「トレーニング」をして、「知識」を「スキル」に替えることが必要です。

そして、そのトレーニングは、身体が覚えるまで徹底的にやる必要があります。『「習うより慣れよ」では足りない…、英語は「慣れるまで習え!」』ということです。