英語の音読

英会話がなかなか上達しないと感じたら、声に出して英語を読んでみる方法をおすすめします。声を出さずに英会話の勉強をしている人は、スキルが伸びにくい傾向があるそです。


本気で英会話を習得したいと思うのであれば、英語を理解するための基本的な思考回路を持たなければなりません。建築でいうと、土台にあたる部分です。地面の整備などを全くせずに建築し始めることはないと思います。英語も土台ができてないうちからいろいろな知識を吸収しようとしても、なかなか身につきません。どれだけ単語や熟語を覚える暗記したとしても、実際の英会話で上手く使いこなせるとは限らないのです。


土台部分を作り上げるうえで、重要なのが、声に出すことです。目で見るだけでなく、声に出すことによってより多くの身体の器官を駆使すると、言語を自分の中に取り込みやすくなります。また、自分の中に取り込まれたものは、応用もきくと考えられています。


英会話を頭だけで理解するのは困難で、スポーツと同じようにトレーニングが必要です。トレーニングで最も手軽なのが音読。野球でいえば素振りのようなものです。プロで活躍する野球選手でも素振りをするように、高いパフォーマンスを発揮するには基本が大切だと思います。基本ができていれば、単語や熟語などの応用的なものも理解しやすくなるでしょう。


英会話の勉強には基本が大切、基本を身につけるには音読すると良いということを覚えておきましょう。