発音とリスニングの関係

意外に思うかもしれませんが、発音の勉強をすることによって英会話のリスニング力が向上することがあるそうです。リスニングの勉強だけをしていても限界があるでしょうし、発音の勉強も同時にしていれば、同じ勉強をしていてもまた違った感覚が得られてプラスに働くかもしれません。実際に、発音の勉強をしたことで、その後の英語の学習が楽しくなったと話す人もいます。発音の勉強をしたら、勉強前よりも海外ドラマなどの英語が聞き取れるようになったそうです。


話す能力と聞く能力は、ある意味表裏一体のものだといえるでしょう。そのため、スピーキングだけ、もしくはリスニングだけを勉強していても総合的な英語力の向上にはつながらないと思います。発音の勉強をする時は、各単語の発音だけでなく、文章のイントネーションも習得すると良いでしょう。英語は日本語に比べて抑揚が大きく、抑揚の付け方によってニュアンスも変わってくるからです。とはいえ、イントネーションを意識するのはある程度発音の勉強をしてからにしましょう。いくら抑揚を付けても、発音が間違っていたら正しく伝わりません。


発音以外にも、自分の英語を相手に理解してもらうコツがあります。それは、落ち着いて話すことです。アジア人は欧米人よりも話し声が大きいようで、人によっては怒っていると勘違いされてしまうそうです。あわてず落ち着いたトーンで話すように意識し、相手に不快感を与えないように気をつけましょう。