日本の英語教育

近年、グローバル化がどんどん進んでいますが、日本人は国際社会で対等に渡り合えるような英語力があるでしょうか。もちろん、英語が堪能でネイティブスピーカーとも難しい内容の話ができる人もいるでしょう。その一方で簡単な英会話すら難しい人もいます。


TOEFL
という英語の試験における国別のスコアから考えてみると、日本人の平均スコアはアジアの中でも下位です。文化的背景にあまり違いがない中国や韓国など東アジアの隣国と比べても、日本人の成績は伸び率と得点の両方で下回っています。


しかし、日本が英語教育をないがしろにしているかというと、そんなことはないと思います。駅前には英会話スクールがありますし、書店にはたくさんの教材が並んでいます。また、学校教育や入試でも英語は重要な科目であると教えています。


では、日本人の英会話力が低い理由はどこにあるのでしょうか。もしかしたら、今までの日本の英語教育の方法に原因があるのかもしれません。言語には、必ず書き言葉の文字と話し言葉の音声があります。ところが、日本の学校の英語の授業では、英文読解や文法が重視されています。もちろん、この方法が間違っているわけではありません。しかし、英文読解や文法だけに力を入れていては、なかなか英会話ができるようにはならないと思います。このように、書き言葉に力を入れるあまり、音声面の教育がおろそかになってしまったことが、日本人の英語力に少なからず影響を与えているのではないでしょうか。