トレーニングを積む

英語を理解できることと、英会話ができることは別物です。理解したことを使えるようにトレーニングする必要があります。勉強をしているだけでは、使える英会話は習得できないと思います。勉強したことを、使えるようにトレーニングするのです。つまり、知識をスキルへと昇華させるということです。


スキルとして身につけるためのトレーニングは簡単なことではありません。体が覚えるまで繰り返しトレーニングをすることが重要です。また、自分のレベルより高すぎる、あるいは低すぎる教材でトレーニングをしていても、得られる効果は小さいです。市販の教材や英会話スクールはレベルに合わせたものがあると思いますので、レベルにあったものの中から興味を持てそうなものを選択しましょう。


英会話のトレーニングをする時、はじめから高度なトレーニングをしてはいけません。運動不足の人がいきなり激しいトレーニングをしても怪我をしてしまいます。あわてずに基礎を完全にマスターしてからレベルを上げていくことを念頭に置きましょう。基礎力をつけるのには、中高生レベルの教材が良いと思います。このような教材を音読したり、書き写したりしてトレーニングしていきましょう。これだけでは学校の勉強とあまり違いがありませんので、海外のニュースやドラマを見たり、英字新聞を読んだりして生きた英語に触れる時間も作ります。
これらのトレーニングを続けていけば、きっと基礎力がバッチリ身につくはずです。