覚えたことを使いこなす

音読で英会話の勉強をする場合、単語や簡単な挨拶のようなものはあまり適していません。ある程度まとまった意味のある文章を読むようにしましょう。中学校の英語の教科書にあるような簡単すぎるものも避けた方が良いです。


音読する際は、いきなり声に出して読み始めるのではありません。まずは黙読で文章の内容を理解しましょう。頭で理解できる文章であれば、目から取り入れた情報を音読によって活性化することが可能です。


日常的な英会話で使う単語は約1000語だといわれています。これは、中学3年までで習う単語数と大体同じくらいです。中学レベルの単語で英会話ができるのかと疑問に思う人もいるかもしれません。しかし、重要なのはレベルではなく、覚えたことを使いこなせるかということです。つまり、多くの人はただ覚えているだけで、使いこなせていないということです。


音読で英会話の練習をしておけば、日常会話は十分できるようになるでしょうし、英語学習に対する土台もできあがります。そうすれば、英語力が向上していくスピードも早くなっていくでしょう。


ほかに、英文を読む書き写す勉強方法もおすすめです。見て覚えるだけでなく、手を動かすことで身体に覚え込ませていくのです。小学生の頃に漢字の書き取りをして覚えていった人も多いと思いますが、それと似たようなものです。これは、英語だけでなく仕事でも役に立つと思います。初対面に挨拶する時、名刺を見るだけでなく、声に出したり手の平に書いてみたりすると覚えやすいのではないでしょうか。